H. ECMAScript バージョン 2 に向けて最初に提案された新機能リスト

1997 年 10 月に行われた TC39 技術的ワーキンググループの会合で、ECMAScript 仕様の「バージョン 2」で追加される可能性がある新機能候補のリストがまとめられた。この 10 月の会合の議事録は見つかっていない。このリストを更新したものとして 1998 年 2 月 19 日の会合の報告書 [TC39 1998c] に次のリストが記されている。

バージョン 2 に向けて合意された事項

  • caller (V1 で切られていた)
  • do while
  • ラベルへの break
  • ラベルへの continue
  • switch
  • regexp
  • === 演算子 (厳密な等価性)
  • 条件付きコンパイル
  • リテラル記法
  • 関数クロージャ (式/入れ子)
  • __parent__ と __photo__ママ を露出させる
  • 引数オブジェクト
  • 例外処理
  • toSource (オブジェクトを永続化する手段が望まれている)
  • Function.prototype.apply
  • instanceof

V2 に向けて検討されている他の事項

  • バイナリオブジェクト
  • Date (Borland が 1997 年に提示した通りのもの)
  • 文字列と配列に対する一般的な区間演算
  • スレッディングの問題
  • undefined リテラル (予約語ではない)
  • parse {int, float} step point result1

  • toString の拡張
  • 日時から文字列への変換
  • toBoolean (オブジェクト)
  • proto.property を隠蔽する
  • メタオブジェクトプロトコル (MOP)
  • パッケージの概念

  1. 訳注: 何を意味しているのか分からなかった。1998 年 11 月のワーキンググループ会合 [TC39 1998f] でも「どういう意味だ?」として検討から外されている。 ↩︎

関連書籍 (Amazon アソシエイト)
プロを目指す人のためのTypeScript入門 安全なコードの書き方から高度な型の使い方まで
JavaScript Primer 迷わないための入門書
JavaScript 第7版
「ものづくり」の科学史 世界を変えた《標準革命》