はじめに

週末レイトレーシング 第一週』では簡単な総当たりパストレーサーを実装した。この巻ではテクスチャ・ボリューム (例えばフォグ)・長方形・インスタンス・ライトを実装し、さらに BVH を使った様々なオブジェクトを追加する。最後まで読めば「本物の」レイトレーサーが手に入るだろう。

レイトレーシングに関わるたいていの人は「大部分の最適化はコードを複雑にするだけで、実行はたいして速くならない」という経験則を信じている (私もだ)。この小さな本では、設計に関する判断が必要になったときには最も単純なアプローチを選ぶことにする。より洗練されたアプローチに関する書籍やリンクについては https://in1weekend.blogspot.com/ を参照してほしい。ただし時期尚早な最適化をしないようによく注意する必要がある。実行時間プロファイルの上位に表れないなら、全ての機能を実装するまで最適化すべきではない!

この本の BVH とパーリンテクスチャに関する節は特に難しい。サブタイトルを「週末」でなくて「第二週」としたのはそのためだ1。週末で読み切るつもりなら、これらの部分は最後に回してもよい。この巻で触れるトピックに関しては順序はあまり重要でないし、BVH とパーリンテクスチャがなくてもコーネルボックスはレンダリングできる!

このプロジェクトに手を貸してくれた全ての人に感謝する。名前は巻末の謝辞にある。


  1. 訳注: 英語版のタイトルは第一巻が “Ray Tracing In One Weekend” で、第二巻が “Ray Tracing: The Next Week” である。[return]



Amazon.co.jp アソシエイト (広告)
Audible の無料体験を始めよう
amazon music unlimited で音楽聞き放題
amazon 広告amazon 広告 フォトンマッピング ―実写に迫るコンピュータグラフィックス
amazon 広告amazon 広告 色彩工学入門 -定量的な色の理解と活用-
amazon 広告amazon 広告 イラストレイテッド 光の科学
amazon 広告amazon 広告 Foundations of Game Engine Development, Volume 2: Rendering