Future

Future モジュールは既存の関数の将来の振る舞いを実装します。これらは将来の Julia のリリースで現在の振る舞いを置き換えます。

Future.copy! ── 関数

Future.copy!(dst, src) -> dst

srcdst にコピーします。

Julia 1.1

この関数は Julia 1.1 で Base に移動しました。この関数ではなく copy!(dst, src) を使ってください。Future.copy! は将来非推奨となります。

Future.randjump ── 関数

randjump(r::MersenneTwister, steps::Integer) -> MersenneTwister

MersenneTwister オブジェクトを作成・初期化し、状態を r から steps ステップだけ進めます。一ステップは二つの Float64 の生成に対応します。異なる step の値それぞれに対して、大きな多項式が内部で生成されます。steps=big(10)^20 に対する MersenneTwister が一つ事前に計算されています。

日本語 Julia 書籍 (Amazon アソシエイト)
1 から始める Julia プログラミング
Julia プログラミングクックブック―言語仕様からデータ分析、機械学習、数値計算まで
スタンフォード ベクトル・行列からはじめる最適化数学