SharedArrays

SharedArrays.SharedArray ── 型

SharedArray{T}(dims::NTuple; init=false, pids=Int[])
SharedArray{T,N}(...)

ビット型 T の要素を持つサイズ dims の共有配列を構築します。pids は構築される共有配列を共有するプロセスの集合を表し、この集合に含まれるプロセスは同じホスト上にある必要があります。SharedArray{T,N}(dims)N が指定されるなら、Ndims の長さと一致しなければなりません。

pids が指定されないと、共有配列は現在のホスト上の全てのプロセス (マスター含む) にマップされます。ただし localindicesindexpids で「マップしているプロセス」とみなされるのはワーカープロセスだけです。そのため、これらの関数を使うと、マスタープロセスをドライバとして使って実際の計算をワーカーで行わせる分散コードを簡単に書けるようになります。

initfn(S::SharedArray) 型の関数 init が指定されると、配列を共有するワーカー全てで init が呼び出されます。

返り値の共有配列は、マッピングを作成したノードで SharedArray オブジェクトへの参照が存在する間だけ有効になります。

SharedArray{T}(filename::AbstractString,
              dims::NTuple,
              [offset=0];
               mode=nothing,
              init=false,
              pids=Int[])
SharedArray{T,N}(...)

ファイル filename を内部で利用する SharedArray を構築します。構築される共有配列の要素型はビット型 T で、サイズは dims です。pids は構築される共有配列を共有するプロセスの集合を表し、この集合に含まれるプロセスは同じホスト上にある必要があります。このファイルはホストのメモリに mmap されるので、次の点に注意が必要です:

  • 配列のデータはバイナリフォーマットでなければなりません (CSV のような ASCII フォーマットはサポートされません)。

  • 配列の値を変更 (例えば A[3] = 0) すると、ディスク上の値も変更されます。

pids が指定されないと、共有配列は現在のホスト上の全てのプロセス (マスター含む) にマップされます。ただし localindicesindexpids で「マップしているプロセス」とみなされるのはワーカープロセスだけです。そのためこれらの関数を使うと、マスタープロセスをドライバとして使って実際の計算をワーカーで行わせる分散コードを簡単に書けるようになります。

mode に指定できるのは "r", "r+", "w+", "a+" のどれか一つです。デフォルトでは filename が指定するファイルが存在するなら "r+" で、存在しないなら "w+" です。initfn(S::SharedArray) 型の関数 init が指定されると、配列を共有するワーカー全てで init が呼び出されます。ファイルに書き込めないときは init 関数を指定できません。

offset を使うと、ファイルの先頭から指定したバイト数だけ読み飛ばすことができます。

SharedArrays.SharedVector ── 型

SharedVector

一次元の SharedArray です。

SharedArrays.SharedMatrix ── 型

SharedMatrix

二次元の SharedArray です。

Distributed.procs ── メソッド

procs(S::SharedArray)

指定した共有配列をマップするプロセスからなるベクトルを取得します。

SharedArrays.sdata ── 関数

sdata(S::SharedArray)

S の内部に存在する実際の Array オブジェクトを返します。

SharedArrays.indexpids ── 関数

indexpids(S::SharedArray)

指定された SharedArray をマップしているワーカーのリスト (つまり procs(S) の返すリスト) における現在のワーカーの添え字を返します。S がローカルにマップされていなければ 0 を返します。

SharedArrays.localindices ── 関数

localindices(S::SharedArray)

現在のプロセスが処理する “デフォルト” の添え字を表す区間を返します。この区間は線形添え字として、つまり 1:length(S) の部分区間として解釈されるべきです。マルチプロセス環境では、親プロセス (および indexpids0 を返す任意のプロセス) で呼び出すと空の区間が返ります。

localindices は利便性のためだけに存在しており、ワーカーが共有配列に行う処理はどのように分割しても構わないことは強調に値します。SharedArray に関して言えば、全ての添え字はどのワーカープロセスに対しても同じ速度を持つはずです。


日本語 Julia 書籍 (Amazon アソシエイト)
1 から始める Julia プログラミング
Julia プログラミングクックブック―言語仕様からデータ分析、機械学習、数値計算まで
スタンフォード ベクトル・行列からはじめる最適化数学