UUIDs

UUIDs.uuid1 ── 関数

uuid1([rng::AbstractRNG=GLOBAL_RNG]) -> UUID

RFC 4122 によって規定されるバージョン 1 (時刻ベース) の汎用一意識別子 (universally unique identifier, UUID) を生成します。ノード ID は RFC の section 4.5 に従ってランダムに生成されることに注意してください (ノード ID はホストを識別しません)。

julia> rng = MersenneTwister(1234);

julia> uuid1(rng)
UUID("cfc395e8-590f-11e8-1f13-43a2532b2fa8")

UUIDs.uuid4 ── 関数

uuid4([rng::AbstractRNG=GLOBAL_RNG]) -> UUID

RFC 4122 によって規定されるバージョン 4 (ランダムまたは疑似ランダム) の汎用一意識別子 (universally unique identifier, UUID) を生成します。

julia> rng = MersenneTwister(1234);

julia> uuid4(rng)
UUID("196f2941-2d58-45ba-9f13-43a2532b2fa8")

UUIDs.uuid5 ── 関数

uuid5(ns::UUID, name::String) -> UUID

RFC 4122 によって規定されるバージョン 5 (名前空間とドメインベース) の汎用一意識別子 (universally unique identifier, UUID) を生成します。

Julia 1.1

この関数は Julia 1.1 以降でサポートされます。

julia> rng = MersenneTwister(1234);

julia> u4 = uuid4(rng)
UUID("196f2941-2d58-45ba-9f13-43a2532b2fa8")

julia> u5 = uuid5(u4, "julia")
UUID("b37756f8-b0c0-54cd-a466-19b3d25683bc")

UUIDs.uuid_version ── 関数

uuid_version(u::UUID) -> Int

与えられた UUID を調べ、そのバージョンを返します (参照: RFC 4122)。

julia> uuid_version(uuid4())
4
日本語 Julia 書籍 (Amazon アソシエイト)
1 から始める Julia プログラミング
Julia プログラミングクックブック―言語仕様からデータ分析、機械学習、数値計算まで
スタンフォード ベクトル・行列からはじめる最適化数学